アングリーSCPナードの執筆ガイド

アングリーSCPナードのSCP記事執筆Tips

rate.jpg

俺の各はアングリーSCPナード。俺がこの世で唯一許せないのはクソみたいな娯字だ!

この俺がこれからお前の最高の執筆者にするためのSCP記事を書くコツを教えてやるぜ。
お前のシデムシの糞を口に詰め込んだみたいな文章がセンズリこきたくなるくらいにずっと良くなるコツだ。

1、斬新なアイディアをひりだせ

記事を書くのになんと言っても一番大事なものだ。ここをキメればなんとでもなる。まずは酒を飲め、直腸までビールを詰め込めば誰にも思いつかないようなアイディアが産まれるはずだ。
たとえばそうだ、オブジェクトクラスや説明も全部█で隠す!どうだ、こんな記事見たことないだろ?最高にクールだ!
ようし乗ってきたぜ。次にそうだな、意外な事に割りと誰もがよく知るようなものは記事として見落とされガチだ、たとえばゴジラとか、ガンダムとか、狼男とかの記事はないし、プリキュアもセーラームーンも無い。
よく考えろよ、どれも現実にはありえないものだ。現実の世界にTOKYOタワーをなぎ倒す炎を吐く、100メートルの巨大な恐竜が居るかい?変身する人間も居ないし巨大ロボだって居ないな。
じゃぁSCPになれるって事じゃないか!アベルやクソトカゲや魔女と何が違うってんだ!一ミリだって間違ってない!

2、オブジェクトクラスについて

オブジェクトクラスをなんとなくつけてるんじゃないか?こいつはチョーヤバイぜ!Keterだ!とかな。
それは最悪の間違いだ。馬尿をビールに混ぜて飲ませてやる。ゲェップ。
何がだめか知りたいか?いいか、お前には斬新さが無さ過ぎる。もう一度はじめからこの文章を読み直せ。そして膀胱までビールにいっぱいにしろ!
お前の記事はそんじゃそこらのクソ記事なんかじゃぁない。特別で、唯一無二であるべきだ。
ならば誰かがすでに考えたオブジェクトクラスなんてものに収まっていいのか?それで確保、収容、保護だなんてちゃんちゃらおかしいぜ、ただの予定調和にすぎない。
唯一無二のSCP記事には唯一無二のクラスをつけるべきだ!

3、構文ミス

これもよちよち歩きのねずみの子供が陥りがちなミスだ。いいか、ここは大人の遊び場で、おねしょした布団を洗ってあげるママはいないんだ。
評価モジュールがついてないとか、フォーマットを無視した記事とかはクソだ!おまえの家の犬をファックしてやるぞ!猫もだ!
だがもちろん何事にも例外ってのはある。面白ければ何をやってもいいんだ。マジで。

4、何をモチーフにするか?

これだぜこれ!お前らみたいな未熟児が最もやりやすいミス。それは無難で、くそつまらない、ジャスティン・ファッカーのブログ以下のクソなものが出来上がるだけだ。
人気のSCP記事を思い出してみろ。ネットでよく紹介されてるSCP記事といえばなんだ?
そうだ、どれもだいたい人型か、少なくとも言葉の通じるやつだ。言葉が通じるならインタビューもできるし、うけるキャラクターを作りやすいし良いこと尽くめだ!

つまりこうだ、体長100メートルの恐竜ロボに魔法で変身するネコミミ少女を作れば最高に新しい!ついでに全身にタトゥーでも彫っておけ!いいね、ぐっとシコれるぜ!

nerd.jpg

このテキストは画像の下に表示されます。

アイテム番号:* SCP-███

オブジェクトクラス: Genius(████)

特別収容プロトコル:[血糊が染込んで判読できない]

説明: ██████████████

インタビュー記録

特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License