後醍醐姉弟ファンクラブ

このページでは財団内に存在する「エージェント・後醍醐姉弟ファンクラブ」名誉会員の一部を紹介していきます。

名前: 楠木 湊(Kusunoki Minato)

会員No.: 000001

セキュリティクリアランスレベル: 4

専門: 心理学全般、哲学、法学

職務: 人型オブジェクトの研究、及び人型オブジェクト、重要参考人等のメンタルケア エージェント・後醍醐姉弟のプロデュース補佐

説明: 楠木博士は19██年生まれ、長野県出身の戸籍上121歳の男性です。外見は失踪当時から変化していません。また、大柄で猫背かつ険のある目つきのため「熊のようだ」と言われることがあります。性格は寡黙で冷静、かつ生真面目で常に丁寧語を使用します。本人曰く「人に不信感を覚えさせる外見」にもかかわらず、彼と会話を行った人物の多くは安心感、あるいは友好的な感情を感じると証言します。その為、現在はカウンセラーの手伝いを行っており、その評判はかなり高いものです。

楠木博士は本来GOCのエージェントでしたが、21歳時、SCP-███-JPと推測されるオブジェクトと接触後、行方不明となり、実質的な死亡扱いとされていました。しかし、19██/██/██、突如サイト-81██に出現し保護を求め、その後いくつかの心理試験を行った後財団への加入が決定、それに伴い心理学の博士号を手に入れたことで博士として扱われることになりました。

エージェント後醍醐姉弟に対しては、財団の依頼によりプロデュースを担当していますが、確実かつ的確なプロデュース活動を行っており、彼女らの人気を保つ理由の一つともなっています。彼女たちからの信頼は厚く、また、楠木博士自身も彼女たちから影響を受けているのか、彼女たちとエージェント・足利に対してのみ、丁寧語が外れることが確認されています。


名前: 足利(楠木) 宝(Ashikaga Takara)

会員No.: 000002

セキュリティクリアランスレベル: 2

職務: フィールドエージェント 参考人へのインタビュー 運転代行

説明: エージェント・足利は19██年生まれ、現在23歳で京都府出身の女性です。外見は明るい髪色のショートカットであり、ボーイッシュな服装を好みます。性格は快活で明るく、男性的な話し方を好み、誰に対しても友好的に接します。また、バイク、車に留まらず特殊重機、ヘリコプター等多種多様な免許を趣味で取得しており、特に速度にこだわる一面を持ちます。

エージェント・足利は20██/██/██、SCP-███-JPを財団が確保する作戦時、当時暴走族のリーダーとして行動していた彼女が「友達が巻き込まれた」という理由でSCP-███-JPを5時間もの間追跡し続けたことで財団による確保を容易にしたという理由で財団からスカウトを受け、高校卒業と同時に財団に加入しました。その後、SCP-███-JPの収容違反に巻き込まれ、重体となるも、楠木博士の機転によって生還。それをもって楠木博士と入籍したことから戸籍上は楠木姓ですが、便宜的に足利姓を名乗っています。楠木博士自身は彼女からの好意をSCP-███-JPの影響ではないかと推測していますが、本人は否定しています。

エージェント後醍醐姉弟に対しては、楠木博士の業務の邪魔にならないかと複雑な感情を抱いていると証言されています。


名前: 北畠 顕 (Kitabatake Aki)

会員No.: 000003

セキュリティクリアランスレベル: 3

専門: 人間行動学、生物学

職務: 生物オブジェクトの研究

説明: 北畠研究員は19██年生まれ、現在29歳で京都府出身の女性です。外見は金髪かつ長身で外国人に間違えられることも多いですが、国籍その他も完全な日本人です。性格は全体的に優柔不断で、自虐癖及び軽度の人間不信を患っています。ゲーム機を常に携帯しており、暇があれば遊んでいますが、腕前はすこぶる悪いことが判明しています。最近はソーシャルゲームに移行しており、財団から支給されている給金のほとんどをソーシャルゲームの課金に使用しているため、日常生活すら困難に陥ることも多々あり、楠木博士及びエージェント・足利、エージェント・新田に度々援助されているようです。

エージェント後醍醐姉弟の熱狂的なファンであり、ソーシャルゲームに課金する以外の給金の約半分を彼女らのグッズ、ライブ費にあてているため、生活困窮の原因の一つになっています。


名前: 新田 貞 (Nitta Sadashi)

会員No.: 000004

セキュリティクリアランスレベル: 1

職務: フィールドエージェント、サイト-81██内の警備活動

説明: エージェント・新田は19██年生まれ、現在21歳で群馬県出身の男性です。外見は小柄で時折中学生と間違えられることもあります。性格は気分屋かつ明るい性格で公務の場を除き誰に対しても敬語を用いないことがあり、度々注意を受けています。剣道及び柔道の段位を取得しており、空間把握能力が高いことから、エージェントとしての能力は高いとみられています。また、その職務上度々収容違反に遭遇しますが、現在時点で重篤な状態に陥ることは免れています。これは異常特性ではなく純粋に運がいいことによるものだとされています。

エージェント後醍醐姉弟のファンであり、度々北畠研究員と共に彼女たちのライブに参加していることが確認されています。そのため、時折北畠研究員の部屋から現れることもあり、半同棲状態にあると推測されます。


名前: 護良 天 (Moriyoshi Ten)

会員No.: 000005

セキュリティクリアランスレベル: 3

専門: 物理学全般

職務: 静物オブジェクト、物理オブジェクトの研究

説明: 護良研究員は19██年生まれ、現在██歳で京都府出身の女性です。外見は黒い長髪で、常に顔の一部を扇やマスク、お面などで隠しています。性格は穏やかですが、職務の際には冷徹さを見せ、一方では極端に保身的な行動を取ることも多くあります。武道全般に長けており、特に暗器の使用を得意としますが、何故その技術を身に着けたのかはけっして回答しません。また、██宗の信徒でもあり、稀に勧誘活動を行っていることもありますが、現在のところ、勧誘に答えた人員は存在しないことが確認されています。

エージェント後醍醐姉弟ファンクラブに所属こそしているものの、あまり精力的ではなく、真意は不明です。

特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License