[プロトコル4000-Shudenに基づき編集済]

.

評価: +2+x
TabooWarningfix.png
TabooWarningfixMobile.png

Dy9O9uOVYAAloIY.jpg

図 1.1. 撮影された土着の人型実体。


アイテム番号: プロトコル4000-Shudenに基づき制限されています。

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 以下に述べる余剰次元の場所、ならびにそこに含まれる実体とランドマークは名辞災害(Shudenクラス)であり、そのためあらゆる名前、肩書、呼称で言及してはいけません。標準空間の外側に位置する会場、ならびにその土着の実体に言及する際に用いることができるのは描写のみです。これらの描写には実体を描写するごとに変化がつけられなければなりません。描写は識別のために色分けすることが可能であり、命名の多様性のために装飾的な言葉遣いを使っても構いません。

名辞的収容違反の際には、収容違反の原因となった人物により、ただちに標準Shudenクラス収容プロトコルが実施されなければいけません。その人物が手続きを実行できない状態に陥った場合、その人物の最も親しい同好の士が責任を負うことになります。

収容違反の原因となった人物が既知の同好の士を持たない場合は、その人物の名前は存在するすべてのSNSネットワークとWikidotから抹消されなければなりません。同じ名前を有するあらゆる人物はタイプ-Kウイルス性記憶処理を施され、新しいハンドルネームを割り当てられます。

命令O5-4000-K26に従って、標準の異常性からのあらゆる逸脱を評価するため、年に少なくとも1回奇妙で危険な同人誌即売会への成功裡の探検が実施されねばなりません。財団職員に出会う場所への立ち入りがはらむ高い危険性のため、研究実施のために送り込まれる職員は4000-SEPに詳述される標準調査プロトコルの訓練を受けなければなりません

ニコニコ生放送で見つけたお知らせの許可なき文書化は標準情報収容プロトコルにより抑制されねばなりません。4000-収デン手続の知識を許可なく有している人物は記憶処理の対象とされ1、また、論考的リハビリテーション期間の後であれば解放しても構いません。

説明: 問題のお祭りは、危険な名辞現象を含む多数の異常な性質を示す、余剰次元のイベント及びその会場です。この異常な集会は4000-収デン(文書DOC-4000-Sを参照)を実施することにより侵入できます。手続きを完了した人物は、 神奈川県横浜市中区山下町2番地に位置する、横浜産貿ホールマリネリアと仮称されている建築物の開口部から出現します。

普通じゃない規模の即売会場へ到達するための唯一信頼できる手段は、何本かの電車もしくはバスを用いることです。前述のルートを逸脱した探検は、参加者らとの即座の連絡途絶という結果になります。唯一の安全なルートは地元市民にとっては容易な道筋ですが、現地に不慣れな旅行者が準備不足の状態で用いようとした場合、同様の連絡途絶に終わるでしょう。

名もなきイベントホールは線形空間の制約に従いません。地図を作製する努力は探検ごとに大きく異なるルートが記録されるという結果になっており、効率のよいイベント巡回ルートの理論的には重なるか、交差すべき部分はそうなっていません。2

それを辿り始めた対象者にとっての新興宗教と誤解されたこともある謎のイベント会場を安全に出る唯一の手段は、道程を歩き切り反対側の入り口へ戻ることです。

ハンドルネームの生息地固有のさまざまな異常実体が記録されています。土着の実体らはしばしば観察下にない間に身体的構造を変化させ、記録された実体のうちどれがユニークなもので、どれが以前に記録されたものの新たな反復であるかを研究者らに判定させづらくしています。実体らはこれらの変化を制御できないと主張し、発生時には頻繁に不満足を表明します。

土着の実体は度々目の前を通りすがった探検者の行く手を塞ぎ、先へ進むために交流の必要を生じさせます。土着の実体には知性があり、しばしば非常に[編集済]ですが、4000-Shuden予防措置に従う限りは安全に交流できます。これらの予防措置を軽視した際の帰結は、気分を害した実体のパーソナリティに依存して様々に異なります: 調査参加者らが遭遇した報復の程度には、口頭での非難、強引な勧誘、「財団神拳」と呼称される攻撃的武術の行使、または被験者の身体的、概念的、あるいは名辞的属性の異常な改変が含まれていました。

名付け得ぬものの祝祭、その固有の実体ら、およびランドマークに一貫した名称が適用されると、様々な異常現象が発生します。部分的には命令O5-4000-K26による名辞実験の禁止により、これらの現象は未だ十分に理解されていません。

記録された名辞現象には以下が含まれます:

  • 影響された名称に暴露した対象者らに発生する、「財団」「SCP」という固有名詞に対する異常な興味。
  • 暴露した対象者らに発生する、通常名称によって描写される環境または実体に関する幻視あるいは幻聴。少数の事例のサブセットにおいては「あれってSCPぽくない?」などとSNS等の媒体で発言する事象も含まれる。
  • 暴露した対象者らに発生する、ウサ耳や触手といった非人間的な身体的特徴の発達。
  • 手続4000-収デンを用いることなしの、影響を受けた対象者らの突発的・非自発的な名のないものたちの即売会場への移動。
  • 名称が使用された屋内空間への様々な関連書籍やグッズの出現。
  • 暴露した対象者らと土着実体らのSNS等での交流、友情の形成。

.


.


.

.


.

.

► インタビューログ4000-0215
  


特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License